【乃木坂46】【日向坂46】ヒット祈願を見て思ったこと

こんなに好きになっちゃっていいの? (通常盤) (特典なし)

乃木坂工事中と日向坂で会いましょうの2番組で同じ週にヒット祈願をすることになりました。本来は乃木坂工事中のヒット祈願が先に放送される予定でしたが諸事情(滑落事故)で一か月後になってしまったためです。

乃木坂46は四期生が全員で参加しました。日向坂46も全員参加、、、のはずでした。斉藤京子が参加できませんでした。(井口眞緒は、、、ほっといてあげましょう)。で思ったんですよ。
乃木坂46は選抜フルメンバーを揃えてロケに行くのは不可能なんだろうなって。秋元真夏を軸に4期生のスケジュールを調整したんだろうなって。

乃木坂工事中の富士登山メンバー 

夜明けまで強がらなくてもいい (Type-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

夜明けまで強がらなくてもいい (Type-A) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

 

吉田ルートにも先輩がいてもよかろうよと思ったもん。前回と同じく途中で生田絵梨花がしれっと合流すんじゃないかと期待しました。けど無理でしょうね、生田絵梨花は外仕事の舞台やその稽古などで忙しそうだ。富士登山などという体力を消費しまくる村仕事に駆り出すよりも休養を与える方が大事でしょう。そして生田絵梨花に怪我なんてさせられない。4期生は各々でフォローができますが、生田絵梨花に変わりはいないでしょう。

※追記。
ひょっとして吉田ルートを引っ張るのは桜井玲香のつもりで企画の準備をしていた?前回の登山を高山病でリタイアした桜井玲香がその恐怖を払しょくしきれずに拒んだ?かなり重度な高山病っぽかったから拒否ったのも仕方ないと思うけど
→ 4:00あたりから https://www.youtube.com/watch?v=LPgCkmbOYeE

 

思えば1年前の「帰り道は遠回りしたくなる」もそうでした(もう一年か!)。

帰り道は遠回りしたくなるのヒット祈願 

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

 

 西野七瀬が思い出の地を巡りながら東京に向かい、その道中で仲間と思いを語る企画でした。最後に乃木坂神社に白石麻衣とお参りして終わるのですが、その日のロケに参加したメンバーが待っていると思いきや、西野七瀬白石麻衣の二人で終わりました。その時間を確保できなかったメンバーがいたのでしょうね。
 
乃木坂46は選抜フルメンバーを揃えてロケに行くのは不可能なんだろうな。スケジュールが合わなすぎる。ひょっとしたらモデルなどで単品で動ける白石麻衣よりも、舞台などでスケジュールが動かしにくい生田絵梨花井上小百合の方が調整が厳しいかもしれないですね。
井上小百合は神宮で行われた桜井玲香のラスコンもアンコールでギリで間に合わせたぐらいだもん。


乃木坂46 『夜明けまで強がらなくてもいい』

 

 

んで日向坂46の話なんですが。

日向坂46の全員参加はいつまで続く?

少し驚いたんですよ。いや、純粋に。斉藤京子が参加できなかった理由が、「舞台の最終通し稽古が入ったから」でした。
・前から決まっていて一か月頑張ってきていたTVの村仕事
・後から決まった舞台の最終通し稽古(本番ではない)
の天秤にかけて稽古の方をとったんです。変な言い方になっちゃっているけど、純粋にどちらが重要かわからないんですよ。
 
外仕事の信頼関係は大事です。急遽決まったってことは、まだ意識合わせしきれていないのか変更が入るのでしょう。”後で聞いて本番でやればいいや”って話ではないです。そんなことしたら二度と仕事は来ません。斉藤京子に仕事が来なくなるのではなく日向坂46に仕事がきません。それは嫌がらせではなく「日向坂46は我々とは優先順位と価値観が違う。同じ事態になったときにもう一方を優先されては舞台の完成度が下がってしまう」という判断になるためです。どちらに非があるということではなく、「価値観が違うなら無理に仕事する必要はない」という判断です。
大勢で仕事をしていて自分の変わりはいない。だからこそ井上小百合桜井玲香のラスコンにフルでの参加を断念しました。

乃木坂46と日向坂46のヒット祈願の違い

日向坂46はここまでヒット祈願をみんなで一緒に行ってきました。乃木坂46がいつまでみんなで一緒に、、、あれ?一度もねーぞ!?

乃木坂46の初期のヒット祈願

  1. ぐるぐるカーテン
    4人ずつ4チームで全国に散らばってティッシュ配り
  2. おいでシャンプー
    5,6人ずつ4チームで九州でPR活動
  3. 走れ!Bicycle
    4人ずつ4チームで全国に散らばって自転車に乗ってPR活動
  4. 制服のマネキン
    4人ずつ4チームで全国に散らばって「山」「崖」「火」「水」修行
  5. 君の名は希望
    討論の末、秋元真夏がスカイダイビング

 

乃木坂46の初期って、4,5人でチームを作って地方に飛んでいます。一堂に会して何かをやったことはない。強いて言えば「ハルジオンが咲く頃」でメンバー全員でグァムに遊びに行った時ぐらい。ヒット祈願のスカイダイビングを行ったのは生田絵梨花だけだけどね。

もちろんTVを見てない人にも知ってもらうことが至上命題だった乃木坂46の初期と3年の下積み時代(ひらがなけやき時代)を持つ今の日向坂46は状況が何もかもが違う。

日向坂46のヒット祈願

  1. キュン
    120km駅伝
  2. ドレミソラシド
    ドラゴンボード15km走破
  3. こんなに好きになっちゃっていいの?
    1カットMV作成

 締めは「乃木坂46は〇〇まで一堂に会してヒット祈願してたけど、日向坂46はいつまでそれが可能なのかな?」と書きたかったんだけど、まさか乃木坂46は一度もしてなかったとは、、、、。ちょっと驚いた。

しまった、今回の締めはどうしよう。

ちなみに欅坂46も一堂に会してのヒット祈願ってしていない。

欅坂46

  1. サイレントマジョリティ
    複数犯に分かれて芸人にあいさつ回り&PR活動
  2. 世界には愛しかない
    Twitterを使用したイベント
  3. 二人セゾン
    京都市交通のポスター掲示と選出した学校放送での楽曲放送
  4. 不協和音
    渋谷にキャンペーン用のARポスターを張り、ARから見れる新曲のサビ映像と対応したメンバーからのコメント収録
  5. 風に吹かれても
    ひらがなけやき2期のメンバーで風神神社まで歩く。&滝行 

 しいて言えば不協和音がそれっぽくはあるかな?

 

日向坂46のヒット祈願のイメージやテーマが「みんなで一緒に同時刻に同場所で」になっている。それがいつまで続けられるんですかね。そして、それが続けられていられる状況ってのは、日向坂46メンバーの外仕事が少ないということになる。続けられることがよいことか悪いことかは微妙かも。


日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』