【日向坂で会いましょう】ひなあいでの打席

#端的に言えば「みーぱんが好き」ってだけかもしんない。
オードリーの司会によって構成されている日向坂で会いましょうですが、
メンバーのことを若林正恭がまんべんなく引き出されているようで濃淡があります。

キャラや方向性、テーマに対する得意不得意がありますが、無理やり一つの指針に載せるとこんな感じ。

<<a.「代打、私!」とばかりに前に出てくる>>
1.佐々木久美
2.加藤史帆
3.渡邉美穂
4.齊藤京子
5.井口眞緒
6.富田鈴花
7.潮紗理菜

<<b.打順が回ってくるとバットを振ることができる>>
8.高瀬愛奈
9.宮田愛萌
10.佐々木美玲
11.高本彩花
12.丹生明里

<<c.若林正恭に「今だ!」といわれてバットを振る>>
13.金村美玖
14.松田好花
15.河田陽菜
16.濱岸ひより
17.小坂菜緒
18.上村ひなの
19.東村芽依

様子見:影山優佳(判断つかないうちに休業されました)

色々書き始めると止まらなくなっちゃうんですけどね、一点だけ。
先頭集団の『a.「代打、私!」とばかりに前に出てくる』の方々ですが、何でもかんでも前に出てくるわけじゃないです。特に「1.佐々木久美」は誰かが前に出ようとしたときは退いたり、メンバーのフォローで前に出てくることが多いと思う。メンバーの話が言葉足らずでわけわからなくなってしまっているときに説明するとか。ただ佐々木久美のフォローの方がわかりやすくて面白いので本線を話したメンバーよりもフォローに入った佐々木久美の方が長尺で使われてしまっていることもあるんじゃないかなぁ。

 

んでね。
ポンコツな司会なら『a.「代打、私!」とばかりに前に出てくる』だけで番組を回し、たまーに『b.打順が回ってくるとバットを振ることができる』にスポットを当てられる程度。ですが、若林正恭なら『c.若林正恭に「今だ!」といわれてバットを振る』にスポットライトを当てられます。
でもそうするとどうしても『b.打順が回ってくるとバットを振ることができる』メンバーが手薄になる。

ど真ん中で、上からも下からも同じ位置にいる「10.佐々木美玲」が遠くなる。出番が薄くなってしまう。
上位ほど前に出れないし、下位ほど若林正恭のフォローが厚くない。
それが寂しい。

 

 

みーぱん好きなんですよ、このブログのアイコンは潮紗理奈がかいた佐々木美鈴です。
がな推しであの似顔絵の笑顔にかわいいなと思ってたら、次の瞬間にうつった佐々木美鈴が全く同じ顔をしてたんです。あのにっこにこしている顔がたまらなく好きなんですよ。

佐々木美鈴ってすべてにおいて平均ちょい上の能力がある。けど、とびぬけて上やとびぬけて下がないからピックアップしにくいんですかねー。
近いうちにフューチャー回をやっても欲しいなぁ。

 

#日向坂46 #佐々木美鈴