【日向坂46】日向坂46の歴史

f:id:frederica2014:20191230050142j:plain

 

ラジオで聞いた日向坂46の歴史

 

 

1.ねるからひらがなけやき

家庭の事情から最終オーディションに参加できなかったけど、 長濱ねるの参加が欅坂46に参加することが決定しました。けど、他のメンバーと同列にするわけにもいかないので一人で始めたひらがなけやき

ひらがなけやきのために集められたメンバー。チームカラーの「ハッピーオーラ」は長濱ねるの人となりでした。

 

ほんわかしたタヌキ顔で愛された長濱ねる

のちに長濱ねるは漢字欅の選任になり卒業していきます。それほど一期生がしっかりしていたってことなんでしょうね。それは土田晃之が「ひらがなけやきはポテンシャルに対して露出の少なすぎてもったいないから別で番組作りたい」と言わせるほど。

 

2.2期生参加

応募が発表された時に1期生は微妙。まだ活動し始めたところなのにもう2期生を募集するのか、自分たちは意味がないのかと。

立てこもり事件 11:23あたりから

www.youtube.com

3.武道館3days

漢字欅2daysひらがなけやき1daysのはずが漢字欅のセンターさんが出れなくなりひらがなけやき3daysに。当時は「漢字欅はセンターさんがいないと何もできないのかい!」と思ったもんです。

2期生は初めてに近いライブだったらしい。金村美玖はド緊張。

www.youtube.com

www.youtube.com

4.その武道館でアルバム「走り出す瞬間」リリース決定

漢字欅楽曲8割、ひらがなけやき楽曲2割のライブ活動している中での単独アルバム。

入りたての2期生はうれしかったけど、それ以上に「一期生さんかっこいい」

佐々木美鈴「妹の立ち位置から二期生が入ってお姉さんに」

www.youtube.com

佐々木久美も金村美玖も佐々木美鈴の表現力がすごいと感じた「期待していない自分」

www.youtube.com

 

5.三期生・上村ひなのの参入

不安が分かる。新しい環境に来て動機がいない不安。だからこそメンバー総出で優しくした。 二人は「妹」ではなく「娘」と言ってました。

www.youtube.com

6.日向坂46へ

www.youtube.com

www.hinatazaka46.com

www.hinatazaka46.com

 

7.デビューカウントダウンライブ開催

長濱ねると一期生のVTRに金村美玖ら二期生は号泣。

ひらがなけやきとしてのラストライブができたのはただただ感謝。ファンへの報告やメンバーの気持ちの切り替えができた。

それまで緑だったサイリウムが「キュン」で水色に変わったことの感動。

 

8.1st「キュン」のリリース


日向坂46 1st 「キュン」 Best Shot Version.

デビューで街での認知の速度がまるで違う。

小坂菜緒「一期生、特に加藤史帆と仲良くなり助けられた」

 

9.2nd「ドレミソラシド」リリース

キュンでハッピーオーラというベクトルが決まって、まさに日向坂46らしい曲。

www.youtube.com

佐々木久美センター「MyGod」

www.youtube.com

金村美玖センター「Dash&Rush」

www.youtube.com

 

10.埼玉スーパーアリーナ公演

日向坂46としてのライブは初。気合入りまくり。

JOYFULL LOVEの虹のサイリウムは必見の価値あり

 

ひなくりの虹のサイリウム

www.hinatazaka46.com

 

11.3rd「こんなに好きになっちゃっていいの?」リリース

www.youtube.com

12.紅白歌合戦出場

守屋茜から祝福メールが佐々木久美に届いたそうです。

www.youtube.com

 

#日向坂46 #佐々木久美 #金村美玖

 

//あれ?まとめる力が落ちてるな、、、、。